目の下のたるみの整形による治療

術後は少し腫れぼったかったけどアイシングで


顔

手術の後は、数分程度、しっかりとアイシングをしてもらい、手術の後に生じる肌の炎症などを防いでもらうことができました。入院する必要がない手術であり、手術の後は、自宅に変えることが可能であり、仕事で時間をとりにくいと感じている人も手術を受けやすくなっています。手術直後であったため、目が腫れてしまった状態に陥りましたが、サングラスで隠すことが可能であったため、電車などを利用して帰りやすかったです。目元以外の洗顔は、手術の当日から行うことが可能であり、日常とあまり変わらないような生活をおくることができました。痛み止めをもらうことができたため、痛い状態になることがなく、快適な生活をすることができました。強い腫れは、手術後の2,3日で引いていったため、仕事をほとんど休むことなく治療を実施することができます。必要なアフターケアは、せいぜい、目元をアイシングして腫れが早く引くようなケアをするだけであり、何もしなくても大丈夫になっているため、ケアを行いやすくなっています。


-次-悩みだったたるみで感じる老け顔が解消できて
top